無題

まあ、言ってしまえば

 

 

感謝もないし

感謝されたくもないし

とにかくめんどくさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人のやることなすことに

 

文句つけてくるな。

 

 

 

 

 

投げ飛ばしておいて

どこまで干渉してくるのだろう。

滑稽すぎて腹を抱えて笑ってやるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく

何も知らないだろうし

何も知りたくないんだろうし

俺にはそれが理解できない。

 

 

 

歩み寄る素振りもなく
こちらの責任ですか。
都合がよろしくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在自体代わりはいくらでもいると

分かった以上

もう優しさを配ることは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上なんのために

続けていくのかも分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に価値観が合わない。

それだけだったんだとおもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩み寄る素振りもなく

こちらの責任ですか。

都合がよろしくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐ向けた目は

間違ったものを見ていた。

それだけだ。

The World without me

街に雪が降った。

 

 

 

 

 

 

 

 

君を想った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たい風が胸を刺した。

 

 

 

 

 

いくばくか涙がでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚しさが空を埋めつくした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光の中で

 

僕は雪と溶けてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いちばん寒い日に

 

 

 

 

僕は死んでしまった。

f:id:yellow8stars:20180126060025j:image

 

木枯らし。

今日という1日が終わり

 

 

何かにサヨナラを告げ

新しい何かがこんにちはと言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木枯らしは悲しみと憂いを連れて

 

 

 

 

また僕達の街に来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にやりたいことなんて

 

 

本当の夢なんて

 

 

 

 

 

 

生きていて、そう見つかることはない。

 

 

 

見つかっても、また失くして

 

 

 

 

 

 

探して

 

 

 

 

 

 

 

 

あてもない旅をして

 

いつか思ってもいなかったところにいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この街でなにをし、誰と生き、なにを掴むか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見つけた幸せも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかは消えるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日という日が終わり

 

 

 

 

 

僕の夢はまた変わってしまうのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見つけたやりたいことだったけれど

 

 

 

 

やり切れないのが

 

 

 

 

 

 

 

すごく悲しいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ない、で片付けちゃいたいけれど

 

 

 

 

 

まだ諦めたくないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に大事なものは

 

 

 

たぶん僕が1番知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

幸せの欠片は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守っていきたいよ。

 

やるせない日々。

久しぶりに雨が続く日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう何日も会ってないけれど

 

久しぶりにあって

 

 

 

でも、話すこともあまりなくて

 

少し気まずくて

 

 

やるせないなあと思う。

 

 

 

 

そんな雨の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人のライヴを見て

 

 

ふと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がいてくれたらなあって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君は今日も忙しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くて

風邪ひいてないかなとか

 

 

また1人で疲れを抱えてないかなとか

 

 

 

元気かなとか

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいい心配をよそに

 

 

 

ふと

 

 

君を想ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らが出会ったサークルから

 

 

 

君は少し離れて

 

 

 

 

 

 

 

僕を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージに立つ僕が少し嫌いなのかな。

 

とか

 

 

たまに思ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、きっと本当は応援してくれてるのかな。

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

またいらない妄想(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君はなんとも思ってなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あったあとだから

 

君の本当の気持ちを信じてる。

 

 

 

 

 

 

 

君が信じなくてもいい。

 

君の信じれるものを信じてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の想いを

 

不器用に扱ってしまう君を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きでいたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に生きるって

 

きっと誰かに頼るってことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるせない日々に

 

 

少しでも幸せの色をつけたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がいてくれるだけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにもいらなかったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも一緒にため息つきたいな。

夜想。

 

 

夜ほど綺麗なものはない。

 

 

 

 

 

自然の光と人の光が交差して寝静まる街を彩る。

 

 

 

 

 

 

 

仕事を終えてフラフラになりながら帰る人。

 

 

これから仕事に向かう人。

 

 

 

夜間工事。配送。タクシー。風俗嬢。

 

 

 

 

 

 

そして夜にさまよう人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間よりも夜が好き。

 

 

だって、無理をしなくていいもの。

 

 

 

無理に生き急がなくていいから。

 

 

 

 

 

 

夜とふたりぼっち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも夜は寂しい。

 

 

 

孤独と自由は背中合わせだから。

 

 

 

 

 

夜がもっと気が利く奴で

平等に不安を配るなら

もうちょっとくらいは生きやすかったんかな

パルプンテ/ハンブレッダーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜だけが知ってて

 

 

夜だけに話せることがある。

 

 

 

 

 

 

一眠りして明日になったら忘れてしまうことだけれど

 

 

 

涙と一緒に飲み込んでもらいたい時もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから夜に誰かといれること

 

それはとても特別で

 

掛け替えのないもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜と君と3人でどこか遠くへいけたらいいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま今夜どこへ行こうか

このまま今夜消えてしまおうか

このまま二度と戻らないまま

このまま遠く行ってしまおうか

夜間飛行/弱虫倶楽部

f:id:yellow8stars:20170730234000j:image

ため息色した通い慣れた道。

猫になりたい。

 

 

気まぐれに生きたい。

 

 

 

 

好きな時に寝て

好きな時に食べて

好きな時に出かけて

好きな時に甘えて

好きな時に死んで。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに人のために働いても

 

 

 

 

 

政治家の忙しさを知らないように

 

 

 

 

 

 

 

批判や中傷はするくせに

 

 

誰も褒めてはくれないし、感謝もしてもらえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

やってあげてるっていうのは図々しいけれど

 

 

 

 

報酬がない仕事はただのボランティア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に手に入れたのは

優しい人とかいい人みたいな下らない称号。

 

 

 

 

 

 

その裏には

いつも、都合のいいが隠れてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、情を断ち切れない自分が悪いんだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも変われないのは自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう性格って人からは評判いいかもしれんけど

 

 

 

 

自分のことは大嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もまた、消えたいって思いましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ため息色の毎日。

 

モブキャラにとって席替えは辛い!!!

 

 

本当に影の薄い人間だと熟思う。

 

クラスにいても全然気づかれない。

 

 

 

 

 

 

言うてしまえば

いてもいなくても変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーでいえばショッカー

ガンダムで言えばザク

 

 

 

モブキャラ感が凄い(´-ω-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になってたことがあって

影の薄さって単位あるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

光はluxがあるけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、でも影ってshadeとかshadowとかじゃなくて

 

 

existenceのほうだよな。

存在感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてるうちに世界中の人に知ってもらうことも、まあないだろうし

 

(ナポレオンとかはそうかもね)

 

 

 

 

知ることもない。

 

 

 

 

 

まあ知らない人間がほとんどでしょう。

 

 

 

 

だから隣にいる人が自分を知ってるかなんて

甚だ問題ではないのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、存在していることがになることもある。

 

 

悪いことは一切してないけれど

 

傍にいるだけで不幸になったり不幸にさせたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんか、最近自分はそういう類かなと思うように。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在悪じゃないけど、存在するだけで悪?

 

 

 

 

 

 

 

 

いたって自分らしく生きているつもりだけど

 

それが迷惑になってしまうというか。

 

 

 

 

 

 

別に障がいがあるわけでもないし

道徳心がないとかそんなんじゃないけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に、つまらない人間だし気を使わせてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親切者でいたいけれど、

最近は自分を殺して親切をするのはやめた。

 

 

 

 

 

 

そしたらさ、冷たいってさ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、その人(バンドマン)にとって俺は

便利屋の都合の良い人間だったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでいるだけで迷惑が成立する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端な人間関係ってこんなにも

利己主義的関係になっちゃうもんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影の薄さを薄めに薄めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりこの世から抜け出して見たい気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

また暗い文章だって怒られそう笑