やるせない日々。

久しぶりに雨が続く日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう何日も会ってないけれど

 

久しぶりにあって

 

 

 

でも、話すこともあまりなくて

 

少し気まずくて

 

 

やるせないなあと思う。

 

 

 

 

そんな雨の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人のライヴを見て

 

 

ふと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がいてくれたらなあって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君は今日も忙しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くて

風邪ひいてないかなとか

 

 

また1人で疲れを抱えてないかなとか

 

 

 

元気かなとか

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいい心配をよそに

 

 

 

ふと

 

 

君を想ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らが出会ったサークルから

 

 

 

君は少し離れて

 

 

 

 

 

 

 

僕を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージに立つ僕が少し嫌いなのかな。

 

とか

 

 

たまに思ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、きっと本当は応援してくれてるのかな。

 

とか

 

 

 

 

 

 

 

またいらない妄想(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君はなんとも思ってなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あったあとだから

 

君の本当の気持ちを信じてる。

 

 

 

 

 

 

 

君が信じなくてもいい。

 

君の信じれるものを信じてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の想いを

 

不器用に扱ってしまう君を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きでいたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直に生きるって

 

きっと誰かに頼るってことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるせない日々に

 

 

少しでも幸せの色をつけたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がいてくれるだけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにもいらなかったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも一緒にため息つきたいな。

夜想。

 

 

夜ほど綺麗なものはない。

 

 

 

 

 

自然の光と人の光が交差して寝静まる街を彩る。

 

 

 

 

 

 

 

仕事を終えてフラフラになりながら帰る人。

 

 

これから仕事に向かう人。

 

 

 

夜間工事。配送。タクシー。風俗嬢。

 

 

 

 

 

 

そして夜にさまよう人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間よりも夜が好き。

 

 

だって、無理をしなくていいもの。

 

 

 

無理に生き急がなくていいから。

 

 

 

 

 

 

夜とふたりぼっち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも夜は寂しい。

 

 

 

孤独と自由は背中合わせだから。

 

 

 

 

 

夜がもっと気が利く奴で

平等に不安を配るなら

もうちょっとくらいは生きやすかったんかな

パルプンテ/ハンブレッダーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜だけが知ってて

 

 

夜だけに話せることがある。

 

 

 

 

 

 

一眠りして明日になったら忘れてしまうことだけれど

 

 

 

涙と一緒に飲み込んでもらいたい時もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから夜に誰かといれること

 

それはとても特別で

 

掛け替えのないもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜と君と3人でどこか遠くへいけたらいいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま今夜どこへ行こうか

このまま今夜消えてしまおうか

このまま二度と戻らないまま

このまま遠く行ってしまおうか

夜間飛行/弱虫倶楽部

f:id:yellow8stars:20170730234000j:image

ため息色した通い慣れた道。

猫になりたい。

 

 

気まぐれに生きたい。

 

 

 

 

好きな時に寝て

好きな時に食べて

好きな時に出かけて

好きな時に甘えて

好きな時に死んで。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに人のために働いても

 

 

 

 

 

政治家の忙しさを知らないように

 

 

 

 

 

 

 

批判や中傷はするくせに

 

 

誰も褒めてはくれないし、感謝もしてもらえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

やってあげてるっていうのは図々しいけれど

 

 

 

 

報酬がない仕事はただのボランティア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に手に入れたのは

優しい人とかいい人みたいな下らない称号。

 

 

 

 

 

 

その裏には

いつも、都合のいいが隠れてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、情を断ち切れない自分が悪いんだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも変われないのは自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう性格って人からは評判いいかもしれんけど

 

 

 

 

自分のことは大嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もまた、消えたいって思いましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ため息色の毎日。

 

モブキャラにとって席替えは辛い!!!

 

 

本当に影の薄い人間だと熟思う。

 

クラスにいても全然気づかれない。

 

 

 

 

 

 

言うてしまえば

いてもいなくても変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーでいえばショッカー

ガンダムで言えばザク

 

 

 

モブキャラ感が凄い(´-ω-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になってたことがあって

影の薄さって単位あるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

光はluxがあるけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、でも影ってshadeとかshadowとかじゃなくて

 

 

existenceのほうだよな。

存在感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてるうちに世界中の人に知ってもらうことも、まあないだろうし

 

(ナポレオンとかはそうかもね)

 

 

 

 

知ることもない。

 

 

 

 

 

まあ知らない人間がほとんどでしょう。

 

 

 

 

だから隣にいる人が自分を知ってるかなんて

甚だ問題ではないのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、存在していることがになることもある。

 

 

悪いことは一切してないけれど

 

傍にいるだけで不幸になったり不幸にさせたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんか、最近自分はそういう類かなと思うように。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在悪じゃないけど、存在するだけで悪?

 

 

 

 

 

 

 

 

いたって自分らしく生きているつもりだけど

 

それが迷惑になってしまうというか。

 

 

 

 

 

 

別に障がいがあるわけでもないし

道徳心がないとかそんなんじゃないけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に、つまらない人間だし気を使わせてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親切者でいたいけれど、

最近は自分を殺して親切をするのはやめた。

 

 

 

 

 

 

そしたらさ、冷たいってさ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、その人(バンドマン)にとって俺は

便利屋の都合の良い人間だったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでいるだけで迷惑が成立する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端な人間関係ってこんなにも

利己主義的関係になっちゃうもんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影の薄さを薄めに薄めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりこの世から抜け出して見たい気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

また暗い文章だって怒られそう笑

 

 

 

 

 

ain't afraid to die

ばあば今までありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命ってこんなに儚いんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 




俺、今すぐにでも死にたいって思ってたけれど

 

 

 

 


 

誰かいなくなるのはこんなに悲しいんだね。

 

知らなかった。


そしてこの体がもう自分だけのものじゃないとわかった気がする。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先もう二度と会えないけれど

 

 

 

もう二度と戻れないけれど






 

ずっと見守っててほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたい事たくさんあるけれど

 

 

泣きたくなるからやめとくね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐには会いにいけないけれど

 

 

 

少ししたら花束を添えにいくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


だからたまに戻ってきて


笑いかけてね。








どんなに辛くてもさ

我慢して生きていくから。


















またね。 

Son Flower

I wrote a song as your son
This is my life without sun

 

Daddy, you know?
Dirty world is covered on me
Colorless green

 

Walked alone in a dark tunnel

No one helped even if you, dad

 

Breaking down,my life is over
All has gone
What is leaving?

 

 

 

 

Lamp has faded
Life is fake
Lie is true
I don't know

 

Why you don't love me?
Who's your lamb?
Who's the man?
I don't know

 

 


All alone
All night long
Moan the lone like a stone


I mean love is a crying dove in my life
Just my life

 

 

 

 

 

 

 

 


Hey Daddy, I know your love is dead

Left in the bed

Rest in red

 

Now, start it again
Bloom with the pain like a flower as your son

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和訳

 

 

詩を書いたんだ 息子としての

この光のない人生の

 

父さん、知ってるか?

汚い現実が俺を覆い尽くし

矛盾を感じていたこと


 

独りで真っ暗なトンネルを歩き

誰も助けてくれなかった

そう、あんたでさえ

 

人生は音を立てて崩れ去り

得てきたものは全て消え

何が残っただろう

 

 

 

 

希望を失い

生きることも感じられない

でも嘘だけは確かにあって

もう分からなくなっちまった

 

なぜ認めてくれなかった?

犠牲になっただと?

そいつは誰だ?

もう分からなくなっちまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独に夜を過ごし

静寂に溺れ

愛がないのは

自分だけなのだと分かったよ

 

 

 

 

なあ、父さん

やっと分かったよ

もう俺を愛してないんだね

いつか一緒に寝たベッドの上に

怒りと共に置き去りにしてきたんだね


 

 

 

 

 

 

 

でも

俺はまた歩きだすよ

誰にも見つけられず咲く花のように






あんたの息子として咲き誇りたいと思う




f:id:yellow8stars:20170618230448j:image

必ず

 

不安で仕方ないのも

 

 

 

 

 

それが足枷になってるのも

 

辟易としてるのも

 

 

 

 

 

 

 

顔を見れば分かるよ。

 

 

 

 

 

 

今さら綺麗事なんかいらないんだ。

 

 

 

 

 

 

俺の言葉

信じなくていい。

疑ったままでいい。

 

 

もう大丈夫、傷つかないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひとつ、独りよがりにならないでほしい。

 

 

 

 

何もかも自分で決めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日になったらさよならなんて

 

 

 

どうか言わないでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず、今までの日常を取り戻してみせるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漠然と、ついてきてほしい。