必ず

 

不安で仕方ないのも

 

 

 

 

 

それが足枷になってるのも

 

辟易としてるのも

 

 

 

 

 

 

 

顔を見れば分かるよ。

 

 

 

 

 

 

今さら綺麗事なんかいらないんだ。

 

 

 

 

 

 

俺の言葉

信じなくていい。

疑ったままでいい。

 

 

もう大丈夫、傷つかないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひとつ、独りよがりにならないでほしい。

 

 

 

 

何もかも自分で決めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日になったらさよならなんて

 

 

 

どうか言わないでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ず、今までの日常を取り戻してみせるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漠然と、ついてきてほしい。

6月12日の愚痴

ひとつ言わせてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

勝手なイメージで人を決めつけるな。

 

 

 

 

 

怒ってるの?とか

 

今日はキレないでね?とか

 

 

 

 

病人じゃないんだから

なんでそんな気を遣うのか分からん。

 

 

 

 

 

しかも、初対面の人の前でもそういう振る舞い方されると、そのイメージが伝染するんだよ。

 

めんどくさいなあ。

 

 

 

 

 

何を心配してるのか知らないけど

俺は誰のことも気にしてないし怒ってないわ。

 

 

 

 

愛想良くなくて悪かったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、出身がどこだからとか

学部がどこだからとかで

ひとの能力を決めつけないでほしい。

 

 

 

 

英文だから英語ペラペラでしょ?とか

これ読めるよね?とか

 

 

俺は日本人なんですけど。

 

 

 

 

 

じゃあ法学部の奴らは法律全部知ってんのかよ。

たわけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだから人間関係ってめんどくせえよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっさバンド辞めたいわ。

悪い大人

イルミネーションが綺麗だってね

そんなの今まで気づかなかったね

 

 

 

 

 

だって君の方が綺麗だってね

言えなかったね

恥ずかしくってね

 

 

 

だって夢のような

口付けが悩ませて尾を引いた

長い夜

 

 

 

 

 

 

 

幸せになりたいね

通り過ぎた

青い春

 

 

 

 

 

君と出会えてなかったら

悪い大人になったかな

君と話せてなかったら

1人孤独に生きてたな

 

 

 

 

 

 

 

イルミネーションが綺麗だってね

そんなのどうだってよかったなんてね

そっか君の方が綺麗だったね

こんな日を待ってたんだね

もどかしかったよね

 

だって嘘のような

口溶けにつまずいて

飲み込んだ苦い涙

 

 

 

快適なスピードですすみたい

2人だけの日々

 

 

 

 

 

 

 

湿ったハートに火はつかないけど

キラキラしたいな

乾いた言葉じゃ涙でないけど

ワクワクしたいな

 

 

 

考えすぎて眠れない夜は

会いたいな

時々、ねえ?

 

 

 

 







君と出会えてなかったら

悪いことばかり考えてたな

君と話せてなかったら

自分はどっかいったままだったよ

 

 

 

 

 




 

ずっと唄えてなかったな

溶けて消えそうなラヴソング

 













f:id:yellow8stars:20170611034036j:plain

 

Lily

 

雨が降った。

 

 

 

 

凌辱の粒。

 

 

 

 

 

 

 

雨が止んだ。

 

 

 

 

残ったのは嫌な臭い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

些細な言葉で人を傷つけて

そうしてる自分を嫌って

 

 

 

何がしたいのかわかってないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

置かれた状況が不安を掻き立て

すべて悪い方向に考えを巡らせてしまう。

 

 

 

 

きっとうまくいく、なんて思える勇気があれば

自分を信じることは容易いのはずなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして変わらないのかな。

どうして変われないのかな。

 

 

こんなにも悪いことだと分かってるのに。

子供なのは僕だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番大切な人を

一番傷つけてしまってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時、どうしたらいいの。

Man in the mirror

 

 

 

 

 

 

 

自分ってなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにいるのが自分なのはわかるけれど

 

果たして意識は介在してるのか。

 

 

 

 

今この文を書いてるのは自分の意思なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

大事な時に決断をしてこなかった。

 

ただ運命に身を任せる

まるでオリバーツイストのような生き方をしてきた。

 

 

 

もちろん客観的にみれば、子供じゃあるまいし、何が合理的で正しいかもわかる。

 

 

 

 

 

それでもある決断によって失うものもある。

それが怖い。

 

 

 

何かを失うってのは

もう2度と手に入らない場合が多い。

 

ここまで得てきたもの。一つでもなくしたくない。

 

 

 

そんなことを思っては、また大事なことから逃げようとする自分がいる。

 

 

 

 

 

 

もしあまりに幸福であまりに満たされていたとしたら

なにもこう悩むことでもないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も無いからこそ、これ以上何かを失いたくない。

 

 

 

 

 

 

 

そんなわがまま通用しないのも知ってるよ。

 

 

 

ano

日曜は天気がよくて洗濯を3回回した。

 

一日で全部乾いてしまった。

 

 

 

この一年で洗濯物を上手に畳めるようになった。

 

 

 

昔はできなかったこと。

 

 

 

 

 

少しは、変われたのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと、思い出すことがある。

 

 

あの日、こうしていればって。

 

 

 

 

 

 

あの日 喧嘩しなかったら。

あの日 違う道を選んでいたら。

あの日 弱い自分を好きでいられたら。

 

 

 

 

 

あの日 あの場所 あの時

 

 

 

 

 

 

生きていくうちにそんな瞬間は積まれていって

 

 

 

 

 

戻れないものだと知りながら

 

 

 

 

 

ダメな自分をその点のせいにしたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手く生きることは難しいよ。

 

決して容易くない。少なくとも僕にとっては。

 

 

 

 

自分だけが不幸に見えて

痛み苦しんで、どん底にいるように感じる。

 

 

笑い合っている家族

明かりのついた家

みんなが羨ましく思える。

 

僕が手にできなかったもの、もってるんだから。

 

f:id:yellow8stars:20170605013846j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから僕はどうなるのかな?

 

空を見てはずっと問うている。

 

 

 

 

 

明日にでも消えてしまいそうな灯火を感じ

 

 

 

 

 

 

 

それでも

未だ見えない未来に

誰かの姿を見てもいいかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう あの日こうしていれば なんて思うような

人生にはしたくない。

 

 

 

 

 

覚悟はいつだって側にあるから

最初も最後も全て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、君に夢を見てもいいかな?

Redzone

『君、夢は?』

『特にないです』

『医者になりたいとか教師になりたいとか

どこで働きたいとか』

『考えても浮かびません』

『つまらない人間になっちゃあいかんよ』

『…』

 

 

 

 

 

 

先日乗ったタクシーの運ちゃんとの会話。

 

 

 

 

 

 

若者は皆夢がないのかと聞かれたけれど

夢を持ってる人はたくさん知っている

たぶん、その夢が原動力となって

どんな困難も乗り越えていけるんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢か…

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

高校入るまでは警察官になろうと思っていた。

警察庁の官僚に。

あのまま勉強を続けていればもしかしたら叶った夢だったのかな。

 

 

高校入ってすぐ進路調査があった。

 

 

担任の先生との面談で開口一番

 

 

『諦めたほうがいい』と言われた。

 

 

 

 

 

 

 

官僚にはなれないと。

 

 

まあもちろん馬鹿じゃないから

飲み込めた回答だったけれど。

 

 

本気で夢見ていたのは確か。

 

 

 

 

こんな簡単に『お前には無理だ』って言われるとは思わなかった。

それが深く胸に刺さって夢を語ることをしなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生2年の夏、小説家になりたいと思った。

 

昔から本を読むのも文を書くのも好きで

長い時間を取れた夏休みにひとつ作品を書いた。

 

 

若い男女の別れの話。

 

 

 

我ながら出来はよかった。

 

 

 

 

 

 

 

家族に読んで貰おうと家のテーブルに置いておいた。

けれど気づいたら、もうなくなっていて

ゴミ箱にくしゃくしゃに捨てられていた。

 

 

 

 

捨てたの誰?と聞いたけれど

黙ったまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から興味をもってくれやしなかったけれど

もう二度と評価を求めないと誓った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かのいたずらに誘われるように

夢は崩れ もう夢を見ることもなくなった。

 

 

 

簡単に諦めるな?

気にするな?

 

 

 

 

 

たぶんそう言ってくれる人もいるけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガソリンのない車は動かないし

 

 

充電のない携帯は繋がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を育てるには色々な栄養があるとおもうけれど

 

 

 

 

僕には近しい人からの応援それだけでよかった。

 

それを昔失ったんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢から 夢から夢へ

ガラスの道へ

夢から 涙さえ消え去って

夢から 夢から覚めたこの世界では

思い出さえ 夢となり

 

輪郭/DIR EN GREY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、応援してくれる人がそばにいる。

それが再びセルを回す力になると信じてる。

 

 

 

 

 

 

 

錆びれた車でもまた走り出せるよな?