ため息色した通い慣れた道。

猫になりたい。

 

 

気まぐれに生きたい。

 

 

 

 

好きな時に寝て

好きな時に食べて

好きな時に出かけて

好きな時に甘えて

好きな時に死んで。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに人のために働いても

 

 

 

 

 

政治家の忙しさを知らないように

 

 

 

 

 

 

 

批判や中傷はするくせに

 

 

誰も褒めてはくれないし、感謝もしてもらえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

やってあげてるっていうのは図々しいけれど

 

 

 

 

報酬がない仕事はただのボランティア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に手に入れたのは

優しい人とかいい人みたいな下らない称号。

 

 

 

 

 

 

その裏には

いつも、都合のいいが隠れてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、情を断ち切れない自分が悪いんだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも変われないのは自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう性格って人からは評判いいかもしれんけど

 

 

 

 

自分のことは大嫌い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もまた、消えたいって思いましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ため息色の毎日。