夏休み

 

 

 

最近、気づくことが多くなった。

 

 

 

 

 

 

 

体と心の変化。

 

周囲の変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと時間が誘引したこともあるだろうし

 

 

何年か前から今までに起きた多くの経験が引き起こしたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

当然不摂生していれば

 

 

 

体は壊れていくもんだし

 

 

心は腐っていく。

 

 

 

 

 

 

 

後々の影響などさぞ知らず。

 

 

無茶して無理しての繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になりたいって願ったあの日も

 

 

子供に戻りたいって望んだあの日も

 

 

 

 

 

 

中途半端だったんだろな。

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいたら

 

大人にも子供にも

なんににもなれない

なんでもない化物になってたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分をよく思う人や悪く思う人がいる中で

 

 

結局、変わるための唯一の手段は自分であると

分かってはいるものの

 

 

 

 

 

 

なんにもない自分が

一体どうやって自分を掴み離さず説得できるのだろう。

 

 

 

 

一体どうしたら実態のない自分という蜃気楼を視ることができるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからない。

わかれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この6年間

 

ずっと答えを探してた。

 

 

 

 

 

 

心臓を掠めてぽっかりと大きく開いた穴を埋める方法を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ないない。

見当たらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、いつもそばにいて

いつも遠くにあったものがひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

見つけ出すには

あまりに簡単で難しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この6年間

 

まわりにいた数人の人が死んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの間も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みな生きたかったのかな。

 

 

 

 

そりゃそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕に一声かけてくれれば

この残された時間を分けたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう嫌になったんだよ。

 

 

 

 

 

見えないトンネルを歩くことが。

暗く出口の見えない迷路。

 

 

 

 

 

 

 

 



どんなに叫んでも届かないし

どんなに忘れようとしても消えない。












今まで歩いてきた道中で




あまりにも失ったものが多すぎる。










もう

取戻すことはできないからさ。





今まで

必死に逃げてきたつもりだったけれど




 

 

 





最後には向き合わなければならない。












自分と。

自分の気持ちと。













自分のせいでたくさんの人が悪い方向に進んでる。





それはもう気づいてしまったこと。











結局なにも変わらなかった。


変わったのは見て呉れだけ。





昔のままだ。
















今年は悔いのない夏休みにしたい。


















そして覚悟を決めたいことがある。  



いままで生きてきてよかったけれど

これから先のことはよく分からない。













明日にも、と考えてしまうし






















幸せな馬鹿のまま死にたいよ。