木枯らし。

今日という1日が終わり

 

 

何かにサヨナラを告げ

新しい何かがこんにちはと言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木枯らしは悲しみと憂いを連れて

 

 

 

 

また僕達の街に来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にやりたいことなんて

 

 

本当の夢なんて

 

 

 

 

 

 

生きていて、そう見つかることはない。

 

 

 

見つかっても、また失くして

 

 

 

 

 

 

探して

 

 

 

 

 

 

 

 

あてもない旅をして

 

いつか思ってもいなかったところにいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この街でなにをし、誰と生き、なにを掴むか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見つけた幸せも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかは消えるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日という日が終わり

 

 

 

 

 

僕の夢はまた変わってしまうのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見つけたやりたいことだったけれど

 

 

 

 

やり切れないのが

 

 

 

 

 

 

 

すごく悲しいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ない、で片付けちゃいたいけれど

 

 

 

 

 

まだ諦めたくないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に大事なものは

 

 

 

たぶん僕が1番知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

幸せの欠片は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

守っていきたいよ。